華麗なるギャッツビーをみてきた。 - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 外出の記憶 » 華麗なるギャッツビーをみてきた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗なるギャッツビーをみてきた。

デカプリオ主演の映画、華麗なるギャッツビーを見てきました。


内容を書くとネタバレって話になるので、あまり書かないようにしますが、感想を。


話の展開はニックによる回想。
ニックはギャツビーの生き様を偶然にも側で見守ることになり、ギャツビーが昔の恋人、デイジーを振り向かせるために奔走する様を描いています。


ギャツビーがデイジーを振り向かせるために使う手段が、盛大なパーティ。

1920年代の好景気に湧くアメリカを象徴するような酒池肉林とも言える贅沢さ。


それに対するギャツビーの恋の儚さ。
男の一途さが思いが届かないもどかしさを対比的に象徴する感じでした。

外面と内面の違いが強調されればされるほど、切なさが漂う、心にしみる映画でした。

時間はお金じゃ買えない。Time is Money

ある意味当たり前のことですが、大事するべき時間。
潤沢にあるようでもいざという時にはあまりないものが時間なんだと思います。

休日はなにかと時間を使えている気がしますが、平日帰宅後の時間の使い方はもう少し考えたほうがいいのかもしれません。

短い時間でもできることはきっとあるんでしょうね。ゲームばかりじゃダメだとはわかってるのですが…、ついつい時間を無駄に使ってます。


反省。








ブログランキング参加中です。クリックお願します。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/95-0931270f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。