多摩動物公園 2013 その3 - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 動・植物園の記憶 » 多摩動物公園 2013 その3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩動物公園 2013 その3

さて、多摩動物公園の最後はアジア園。

まぁ、アフリカ園からオーストラリア園に行く途中でも経由しているわけですが、残りの動物だちをご紹介。

まずはユキヒョウ。



寒い地方に住むので、色が薄いという感じですが、しっかりとしたぶち模様が映えて綺麗です。


この日、近くのオランウータンが、空中散歩に出かけていたらしく、空中散歩の通路の途中で休憩しておりました。

これがユキヒョウの展示スペースの近くなので、どうも気になるらしく、休憩地点をずっと睨んでました。

物理的にオランウータンが見えているわけではないと思うのですが、きっと人間には感じない臭いがするんでしょうね。



続いてレッサーパンダ。




こっちも躍動感がある動きを見せてくれました。
前のコアラといい、ユキヒョウ、レッサーパンダと躍動感があって、いいタイミングでした。


ただ…。

2013年4月にリニューアルしたばかりのアジアの平原ゾーンは…。




これオオカミです。

かなり大きな広さで平原をイメージして作っているのですが、日陰の隅っこで、寝ている…。

基本的に夜行性ですし、やむないのかもしれませんが、残念な雰囲気が漂ってました。




トラも結構アクティブに動いていて楽しませてくれました。


バードゲージでは、クロヘラサギの雛が。



最初はクロヘラじゃないんだ…。




ちなみに、多摩動物公園には昆虫館などもあるのですが、今回は立ち寄らず。

一日で全てをじっくり見て回ることができないぐらい広大な多摩動物公園でした。
ブログランキング参加中です。クリックお願します。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/84-0577a7a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。