江戸東京たてもの園 その1 - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 美・博物館の記憶 » 江戸東京たてもの園 その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸東京たてもの園 その1

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ブログランキング参加中です。
一押しいただけると幸いです。m(_ _)m


先日代休を取って妻と江戸東京たてもの園に行ってきました。
寒さも少し和らいで、過ごしやすい日でした。でも、薄曇りだったおので、まだコートは手放せなかったかな。

たてもの園は東小金井にあります。
初めて東小金井に行ったのですが、中央線高架工事の影響?で駅前が非常にきれいに整備されてました。
なんとなく、ちょっと下町チックなごちゃっとした住宅街を想像していたのですが、意外でした。

駅前の鎌倉パスタでお昼ごはん。

炙りサーモンとトマトクリームパスタに明太マヨピザのランチセット


ここのパスタは生麺でおいしいんですよね。(値段もそれなりですが)結構はまります。



たてもの園までホームページには、東小金井からバスで5分と書いてありましたが、我々夫婦はバスに乗ることなく、歩いて向かうことに。
15分ぐらいで到着しました。まぁ、15分ぐらいなら、十分歩けますね。歩道もせまいわけではないので、いつくるかわからないバスを待つよりは歩いたほうが早いかもしれません。


さて、たてもの園。都立小金井公園の一部がたてもの園になっています。江戸や東京の代表的な建造物を移築しています。
最初に目にするのはビジターセンターとなっている光華殿。





建物だけかと思ったのですが、意外に商店の建物には、商品のイメージも設置されていて、楽しめる工夫はされていました。

気に入ったのは、三井八郎右衛門宅。(三井財閥家)
ここは庭がきれいでした。ちょうど梅が満開。



こんな立派な家に住めるようになるには、もっと自分を磨かないといけません・・・。(30代ブログランキングの順位で一喜一憂している場合ではありません)

家自体は東京・京都などにあった家を部分寄せして一つに家にしているので、ちょっとまとまりがなかったのかもしれません。
玄関には唯一文化財のラリック照明がありました。(写真はとっていませんが^^;)
こんな立派な家には住めませんが、何か一つさりげなく光るものがあるのはいいですね。
(ついつい安いものにしてしまい何回か買い換えることを考えると・・・典型的な安物買いの銭失いです^^;)


高橋是清邸。

うーん、暗い(⌒-⌒; )


かの有名な2・26事件のあった家です。これも移築されていました。中はこれまたみごとな明治時代の日本家屋。こんなところに自分が住めるようになることは残念ながらないのかな・・・ついつい思ってしまう感じでした。
建物の縁側に使用されているガラスは、明治のものをそのまま使用しているようでして、少し歪んでいる感じのガラスです。
かつ大きい一枚ものではないので、ひとつの戸に8~12枚ぐらいが組み合わさっている感じです。このあたりは昔の祖父母宅を思い起こさせます。

二階から庭を臨む


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ブログランキング参加中です。
一押しいただけると幸いです。m(_ _)m
トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/563-fd1fe7f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。