家主への道 その4(モデルルーム見学) - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 家購入までの記憶 » 家主への道 その4(モデルルーム見学)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家主への道 その4(モデルルーム見学)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ブログランキング参加中です。
一押しいただけると幸いです。m(_ _)m


さて、家主への道、第4弾はマンションのモデルルーム見学。

マンションに候補を絞ったことで、まずは出かけてみようということになりました。
当然ながら、一度も不動産を買ったことはない私にとっては、不動産業界とは少し怖い世界。

不動産屋に今まで行ったことがあるのも、賃貸マンションについて十分ネットなどで下調べしたあとのお話で、あまり不動産屋に長居をすることなく立ち去ることが多かったです。

土地が絡むものはなんとなく敷居が高いというか…。
なんだか、いろいろと手を出してはいけない世界に立ち入ってしまう感覚があるのは私だけでしょうか・・・。

なので、とりあえず町の不動産屋に顔を出すというよりは、情報収集と思い、手軽に手に入る住宅情報誌「suumo」を手にしました。
このsuumo、新築マンションが中心の週刊版と賃貸や土地・中古物件などが主体の隔週版があります。
今回手にしたのは週間版でした。


中身を見てみると・・・、まぁいろいろと夢のような世界が広がっています。

誇大広告とは言いませんが、きれいに広く、快適に魅せる工夫が満載です。


そんな夢の世界を見ながらいろいろと研究していたのですが、まずはモデルルームへ行ってみようと思い、予約を入れたのは、N不動産の新築物件でした。

モデルルームに行くときは予約をしていくことをお勧めします。飛び込みで行ったことはないのですが、基本的に待たされると思いますので、時間の無駄かと思います。



建設現場を確認した後にモデルルームへ出向いたのですが、まず通されたのは、商談スペース。
ここで個人情報を記載します。

今思うとですが、このときにアンケートちっくに記載している希望価格帯や年齢などから担当営業を決めているような気がします。一生に一度や二度程度の買い物ですから冷やかし客や勘違い客も多いと思うので、そういった客には若手の営業をアサイン。
他方、身なりのしっかりとした販売予定価格と希望額がマッチしているような客にはエリート営業をアサイン。
そんな手法も不動産業界では当たり前の話なのかもしれませんが。


初めて訪れたこのモデルルームで私たち夫婦の担当となったのは若手の営業。
(このときにすでに勘違い客だと思われていたような気がします。)


一通りの身の上話を聞き、建物全体像がわかる模型部屋へ通されます。
ここではマンション全体の構造(エレベータの位置や階数、共用施設)や日当たり、周りの環境(大きな建物はないか、駐車場の位置など)を確認することができます。

営業担当は話慣れた感じで次から次へと利点を並べて話続けます。
欠点は一切自分から言いません。われわれの質問に対する答えとして仕方なく答える感じ。でもフォローは必ず入ってくるあたり、関心しきりでした。


一通り模型を見終わったあとは、いよいよモデルルーム。


入ったところから、驚きの連続でした。
今入居している賃貸マンションは20年もの。
実家は一戸建の30年もの。
なので、最新の設備を見たことが正直ないのです。
そのため、創意工夫がいろいろされていることに驚いてばかりでした。

おどろきポイントを挙げると以下な感じ。
・収納は狭いながらにうまく活用してスペースを確保している。
・ドアは風で動かないような留め具が常備されている。
・廊下側には可動式の面格子がある(風を通すことも可能)
・キッチンはシンク下も有効に活用できる設計。
・収納は引き出し式で使いやすい。
・電気スイッチは動線を考慮した位置に設計されている。
・ベランダは2mあり広い。
まだまだいろいろありますが、すべてに驚かされた感じでした。



モデルルームを一通り見終わった後は、再び商談スペースへ。
ここで希望の間取りを考えてくださいとなります。



一旦部屋に戻る営業。
しばらく考えながら、夢を膨らませる夫婦。

で営業が価格表を持ちながら再登場。希望の間取りを伝えると・・・。

・・・しばし絶句する夫婦。

という展開が待っていました。

もともと自分が想定していたより高いだろうなとは思っていましたが、800万円ほど予算オーバー。

当然買えるわけがないと思っていたところから、営業がいろいろ戦略を練ってきます。

お客様の年収ですと、もっとローンを組むことができますよ~とか、いまどきは親に資金援助して購入されている方が増えているんですとか・・・。

希望の部屋を買えるようにするためのローンの見積もりを組んでもらいましたが、今の家賃の2倍程度の支払い続けていくと可能との結果でした。


・・・・まっ、うちには無理だな・・・
そんな感想を持ちつつ、
また検討してみますと伝えてその場を後にしました。


まずは見てみようという感じで行ったモデルルームだったのですが、実際に見てみたことでいろんな夢と現実を見ることができました。

このあとも何件か見て回るのですが、内容はまた別途。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ブログランキング参加中です。
一押しいただけると幸いです。m(_ _)m
トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/555-c6b9d066

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。