箱根の旅 その2 - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 外出の記憶 » 箱根の旅 その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根の旅 その2

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ブログランキング参加中です。
一押しいただけると幸いです。m(_ _)m


箱根の旅・・・続きます。


箱根関所・資料館で体の芯まで冷え切りました。

お昼時になったこともあり、レストランなどを探そうかと思いましたが、意外に関所がある箱根町のほうはあまりないんですね。

(蕎麦屋さんはありました。箱根と言えば、そばですよね。そばはやっぱりざるで頂くのがよいと思っています。そのほうが香りも良く感じられるので・・・。ただ、このときは寒さが相当だったので、蕎麦屋は断念しました。)

で少しうろうろしていると遊覧船乗り場に併設されたレストランを発見。
夫婦ともども、カツ煮定食を注文。

グツグツと煮えておりました。まさにカツ煮。



1100円でしたが、観光地料金の割にはまずますのおいしさでした。何よりあったかいのが、うれしい。^_^


少し体があったまったところで、箱根フリーパスで乗れる芦ノ湖遊覧船の海賊船に乗船。

海賊船にも等級があるらしく、400円ほど支払うとより前方の客船に乗れたようです。
(我々は全くそんなつもりはなく、通常乗船でした)


海賊船は桃源台に到着。ここに泊まっていた海賊船が赤色でかっこよかった~。こっちに乗りたかったなぁ。(うちらが乗ったのは黄色です。)

スワンが3体並走。


桃源台でロープウェイに乗り継いで、大涌谷へ。
ここのロープウェイ、2本で支えている大型のもの。1ゴンドラは12人ぐらい収容できるようですが、平日ということもあり、乗り合わせたのは3組6人。これぐらいの人数が一番気を使うんですよね。^^;
大きな声で話すこともなく、こそこそと話す感じにどうしてもなってしまいます。

そうこうしている間に大涌谷に到着。
駅についたところから、硫黄のにおいがしていました。ようやく温泉地にきた~って実感。
徒歩10分ほどで玉子茶屋。ここで5個500円の黒玉子(温泉でゆでたゆでたまご)を購入。
ばら売りをしていないので、5個手に入れた我々夫婦は私3個、嫁2個食べることにしました。


嫁の手

作りたてなので、非常にあつい!ただ、手が冷たかったのでまだましだったのかもしれません。夏場は大変だろうな・・・。

黒玉子の殻が散乱する中、我々もテーブルに玉子をぶつけながらむいて頂きました。
殻は真っ黒ですが、中の玉子はいたって普通^^;そんなもんなんですね。

おいしく頂きました。
ちなみに1個で7年長生きできるそうです。
あと、3個×7年=21年は生きていられるかも。しれません。



大涌谷から早雲山までのロープウェイは定期点検で休止中だったため、代替バスで早雲山まで。
早雲山からはケーブルカーで強羅まで移動しました。


なかなか、一日で電車・バス・ロープウェイ・ケーブルカーを乗ることはできないですよね。箱根ならではで楽しかったです。

強羅で宿泊。今回は千代田荘にお世話になりました。

平日だったこともあり、温泉は非常に空いていてゆったりつかれました。
(最初かかり湯した際にびっくりするぐらい熱かったですが、次第に慣れました。体のほうが冷え切ってたんですね。)

晩御飯は想像より豪華な食事でした。


この並びだと豪華さ半減ですが、豪華!


食べ終わってから満腹で夫婦共々、部屋でしばらく動けませんでした。
トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/550-757c2d7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。