トーベ ヤンソン展 - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 美・博物館の記憶 » トーベ ヤンソン展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーベ ヤンソン展

トーベヤンソン。


私は初耳ですが、30台、40台の女性ならピンと来る名前なんだと思います。

ムーミンの作家さんです。


横浜高島屋で生誕100周年記念の展覧会をやっていましたので、行って参りました。



トーベヤンソンの生涯を追いながら、それぞれの時の絵が展示されている展覧会。

当初は漫画というよりは、絵画を中心として、画家になることを目指していたらしいですが、第二次世界大戦関連あたりから、雑誌への寄稿で挿絵を描くようになり、その中で生まれてきたキャラクターがムーミンだったようです。


戦争との関連があるなんてことは全く思いもよりませんでした。


ムーミンについては習作を含んで大量に出品されていました。
ただ、一つ一つは細かいので、見るのがちょっと大変。

ムーミンのストーリーを先に勉強していると、その場面を思い浮かべながら楽しむこともできるかもしれませんね。

絵画やムーミンの絵が中心でしたが、中には人生の後半を過ごした家の再現も展示。



ここだけ写真可でした。


ムーミンがひと段落した後は、制作を8ミリビデオや立体制作にも手を伸ばしていたようで、そんな作品の紹介もありました。

多才といえば多才なのですが、ムーミンが売れ過ぎたために、色々と想定が変わってしまった感じがしました。

白と黒の世界でものを表現するのは、非常にうまさを感じましたが、絵画では有り余る才能というわけではなかったのかもしれません。

人生それぞれですね。




ブログランキング参加中です。クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/433-ca1d53b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。