国立西洋美術館の常設展 - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 美・博物館の記憶 » 国立西洋美術館の常設展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立西洋美術館の常設展

昼食を食べた後は、西洋美術館の常設展へ。

特別展のチケットで常設も入場可能とのことだったので、入ってきました。


常設は美術館の名の通り、西洋の油絵が中心。
第二次世界大戦前に集められていた松方コレクションがサンフランシスコ条約によってフランスの国有資産となり、その後、日本に寄贈された経歴をもつ絵画が中心でした。


一番有名なのはモネの睡蓮ですかね。

モネの絵画は一堂に集められていて、存在感が抜群でした。

その他にも、かなりの枚数が展示されていて、常設展だけでもかなりのボリュームがありました。


また、日本では珍しく、一部絵画を除いて、写真撮影OK。個人的かつ非商用ならよいということなのですが、ブロクは非常に微妙ですよね。個人的なんですが、全世界の人が観れてしまうので、ここでは載せないでおきます。


ロダンの彫刻などもあり見応えは十分です。

特別展だけでなく、是非常設展もどうぞ。


ブログランキング参加中です。クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/363-82fadded

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。