大原美術館 - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 美・博物館の記憶 » 大原美術館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大原美術館

倉敷美観地区に行く際には、ぜひとも行っておきたい美術館かあります。

それが、大原美術館。




美観地区内にあり、かなりの存在感がある美術館です。

美観地区は長屋や蔵といった日本風の建物が軒を連ねていますが、ここだけは異色。パルテノン神殿風の建物がお出迎えです。


館内に入らなければ、大原美術館の敷地は無料で入れます。

さて、行った時はすごいぞ大原美術館を開催中。
大原美術館のよさを再確認できる展示内容でした。

なので、本館に入った第一展示室に有名どころの絵画が集中。

モネの『睡蓮』やパブロ・ピカソ『頭蓋骨のある静物』などなど。


ここだけでもかなりのボリュームがあって見どころ満載です。

この美術館は明治に日本で良い絵画を見せようと買い付けしたものが有名な所蔵物。

なので、なかなかによい絵画が揃ってます。

まぁ、ど素人の私は本当のよさまではわからないのですが、かなり見応えのある絵画であることはわかりました。


もう一つの有名な所蔵物、
エル・グレコ 『受胎告知』。

これは特別の展示でした。


構図の大胆さ、迫力が見事。
実物を見たかいがありました。


本館の他にも、別館には現代寄りの作品が多数。
現代美術も数多く展示されてました。




他にも蔵をつなげて展示している、陶器や東洋美術の展示館もありますし、少し離れた、アイビースクエアという建物の一角にある児島虎次郎美術館もあります。



上のは陶器や東洋美術の展示室。赤い蔵だけでなく周辺の蔵も繋がって回廊上になってます。棟方志功の作品なんかも多数ありました。


これだけ多岐にわたって、たくさんの収蔵品がある美術館も、なかなか珍しい。
ガイドブックには見て回るのに、2時間ぐらいと書かれているようですが、2時間だと回り切れないぐらいの作品量でした。

ブログランキング参加中です。クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/297-11ef2213

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。