ラファエル前派展 - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 美・博物館の記憶 » ラファエル前派展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラファエル前派展

六本木ヒルズの森アーツギャラリーで開催中のラファエル前派展に行ってきました。

行ったのは土曜でしたが、朝からかなりの人出でした。かなり人気なので、ゆっくり見たい人は平日のほうがいいかもしれません。






あまり中世ヨーロッパに詳しくない私にとって前派というのは、ラファエルが生きた時間より前の話だと思っていたのですが、
実際に存在した、ラファエル前派兄弟団というところの話なんですね。


しかも勝手にイタリア美術と思ってましたが、イギリスの美術。


イギリスって、産業革命があったおかげで、文化芸術があまり盛んではない印象ですが、こんな綺麗な美術が花開いた時期があったとは…。

びっくりでした。

あまり知っている画家はいませんでしたが、見たことのある作品はちらほら。


オフィーリアはその中でも別格。
かなり大勢の人が足を止めて見ていました。
美術の教科書ではよく目にする絵画ですが、実物はかなり綺麗。教科書に載ってるぐらいなので、色あせなどがあったりするのかなぁとも思いましたが、あせることなく、綺麗な絵画でした。



ラファエル前派って、すごい写実主義。
写真に勝るような自然の描写がすごい。

写真技術が出始めた時代ではあるものの、それにも勝る写実性でした。

緻密な描写が見る人をしっかりと惹きつけていました。

自然の描写だけでなく、後には人(美人画)に移行して行ったようです。

画家とモデルの相関図もあり、いろんな側面で楽しめた展覧会でした。

4/6までなので、お早めに。


ブログランキング参加中です。クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/284-8c7ebeba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。