星を賣る店 - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 外出の記憶 » 星を賣る店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星を賣る店

クラフト・エヴィング商會ってご存知でしょうか。


私は全く知りませんでした。



知っていたのは嫁さん。

本の装丁とかをやっている作家という情報だけで、いまいちピンとは来ていませんでした。

見ればわかると仰いますので、まぁ、見てみようかとやってきました、世田谷文学館。





住宅街の中にあって、他にはあまり見て回るってところはなさそうなので、知る人ぞ知るといった雰囲気が出ておりました。


その中の企画展で、開催の星を売る店。

日曜の午前中でしたが、先客がちらほら。

程よい人数でした。東京の美術展はすごい人だかりになることも結構ありますからね。

あまり情報がないまま、訪れたわけですが、結構楽しかったです。

世の中にないものを制作しているといっような展示。

クラフト・エヴィング商會の棚卸をしているところという見せ方で、商品がありえないもの。

商品とそこについている一言コメントが面白い。

天使の矢とか、睡魔の枕とか。


現実にはないものが、あたかもそこにあるかのように、商品が棚卸しされていました。

棚卸し現場の後には、架空の古書店である、一角堂書店が姿を現しました。

古書店と言いながら、色んなものが置かれていて(もちもん、現実には存在しないもの)、見て行くのが楽しかったです。


コメントはなんだか、現実的な書き方がされているので、次第にどこまでが事実でとこからか作り物なのか、わからなくなってました。

それぐらいクラフト・エヴィング商會の世界に引き込まれました。


全くわかってなくても、しっかり楽しめましたので、興味がある方は是非どうぞ。

2014年3月末までの開催ということでした。



ブログランキング参加中です。クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/263-f6b21735

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。