インターメディアテクで「驚異の部屋」 - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 外出の記憶 » インターメディアテクで「驚異の部屋」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターメディアテクで「驚異の部屋」




東京中央郵便局に隣接するKITTE。

その中に東京大学の博物館があります。

博物館という点では、少し変わった展示物が多いですが、日本近世の学術創生期の遺産が盛りだくさんです。


入場は無料なので、買い物ついでに立ち寄っているような方もちらほら。


今回は、その中で企画展として実質されていた、驚異の部屋に行ってきました。

この企画、京都大学とのコラボで実現したようです。


昔から国立大学はライバル関係にあるので、あまりコラボというのは聞きませんが、今回は珍しいコラボが実現していました。

内容はさほど大きくはありませんが、東京大学のそれと同様、学術研究の創生期のコレクションが展示されていました。


あまり京都大学らしさみたいなものは感じられませんでしたが、学術研究に対する情熱を感じることができました。


ブログランキング参加中です。クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/259-b4cb7335

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。