引っ越し業者の選び方。 - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 家購入までの記憶 » 引っ越し業者の選び方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越し業者の選び方。

手続きを諸々と。

引っ越し屋さんが決まりました。

最終的には幹事会社を選択しました。

結構、迷いました。

当然ながら相見積もりをとってました。引っ越しの値段はあってないようなものらしいので、必ず相見積もりをとる、またはとるつもりだと値段交渉中にいうことが重要です。

ちなみに今回の引っ越しは超近距離で夫婦2人分。普通ぐらいの荷物量だと思います。


さて、ネットで事前に引っ越し屋さんを検索していると、悪い噂ばかりが書いてあるので、だんだんと嫌になってきましたが、洗濯機や冷蔵庫を自分で運ぶのはほぼ無理でしょうから、頼まざるを得ないです。(運べたとしても養生までは素人だとできないですからね。)

さて、最初に訪問見積りをお願いしたA社。良い感じの営業さんで、しっかりと見積りや説明もしてくれました。

最初の提示額もまずまずといった感じでしたが、頑張ってもらって、結構難しいだろう予算内の値段を提示してもらいました。
ただ、それは即時決定の場合の値段。これで、当初の設定値段から10%オフ。63000円。

これで即答できればよかったのかもしれませんが、幹事会社のB社をまだ聞いていなかったので、聞いてからということにしました。聞いてからだと少し値段が上がってしまうとのことですが、やむなしかと。66000円。

で、翌々日に幹事会社のB社。事前連絡があるといいながらなかったのが、最初から嫌な感じでした。

コールセンターに電話して確認したなですが、1時間以上放置され。
もう一度電話すると、再度確認しますと言われました。

この時点で不信感が結構溜まっていましたが、ここはすぐに折り返し連絡があって少しは胸をなでおろしました。

で、営業からすぐ電話があって、今から行きますと。5分後には営業がいらっしゃいました。

で、提示額が74000円。
この瞬間にはB社はないなぁと思ったのですが、話を聞くと3t車ではおさまらない可能性があるということがこの提示額になったらしい。

でも、他社は特に荷物量に言及はしていなかった、多少段ボールが増えても大丈夫といっていたと伝えると、もしかしたら収まるかもと言い始めました。なんだか微妙なラインらしいです。

そこで、他社なら70000円は越えなかったのにと不服そうに伝えたところで、電話の確認に入りました。

で、提示額が69800円。

これだとA社の当初見積りと同じですと。

まぁ、荷物が収まらないとどうしようもないので、若干諦めながらも、他社は66000円で頑張ると言ったんですけど…と切り出しました。


で、営業さんが再度支店?に電話。

若干パフォーマンスじみてましたが、電話後にうーんと唸りながらの提示額が65000円。

これ以上の引き出しは流石になさそうだったので、これでサインすることにしました。

本当はA社の63000円を切ることを目標にしていましたが、トラック2台と言われると止むをえないかと。

でも、結婚前の超近距離引っ越しは単身で、29000円だったのですがねぇ。

倍にして、共用財産が増えていたとしても、6万円でなんとかしてほしかったと思っていたのですが。それはさすがに難しいですかね。

値段は決まりましたが、引っ越しの怖いところは当日の担当がわからないといったところ。

値段交渉はあくまで営業さんなので、当日はきません。
当日の担当がいかに良い人かにかかっていると思います。
こればっかりはどの業者でも運次第。

良い人がきてくれることを祈りつつ、当日は隅々まで目を光らせる必要がありそうです。


あ、個人的に意中の相手がいる場合の値段交渉では金額を二段階提示がよいかと思ってます。


最初からありえない金額をふっかける手段もあると思いますが、向こうが諦めたらどうしようもないですからね。

今回はまずます成功かと。

ともかく、業者が決まったので段ボールが届き次第荷造りを開始し始めないとね。

いよいよ本格的になってまいりました。



あっ、A社さんにはお断りのお電話をしておきました。
営業さんとしてはA社さんのほうが良い感じだったのですが。すみません。次回機会があればぜひ。

ブログランキング参加中です。クリックお願します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/194-a4d6718e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。