さて内覧会だ。その1 - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 家購入までの記憶 » さて内覧会だ。その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて内覧会だ。その1

とうとうこの日がやってまいりました。マンションの内覧会。

この日に向けて色々とイメージトレーニングは積んでいました。
近年はネット上で探せば、それなりに色々も見つかるので、便利なものです。

また、口コミでも様々な意見がありました。そんなに見つけるような箇所はないとか、はたまた山のように指摘箇所があるとか。

あまり鵜呑みにし過ぎると、良くないのではとも思いながらも色々と情報を漁っては、頷いてみたり、首をかしげてみたりしておりました。

嫁とも色々と話あって役回りなんかを決めてみたり。
今回は両方の両親にもきてもらって大人数での内覧会でした。


さて、当日。
両親と合流してマンションに着いた時点からすでに浮ついてた私。

今時点で落ち着けていなかったのが一番の反省なのですが…。

やっぱり新品を目の前にすると胸が高鳴りますね。この新品感で冷静さを一気に欠いてしまいました。

受付を済ませ、まずは内覧する住戸に向かいます。
エレベータで向かった先で玄関を目の前にして、まずはメーターボックスの説明。

何と無くは聞いていますが、しっかりと確認する感じでもなかったです。
まぁ、なんとなくはわかるし。ガスは業者じゃないと開栓できないのは知ってるので。

で、いよいよ住戸の中へ。
玄関を通り抜け、リビングに向かいます。
荷物を降ろして住戸内の機器の説明。
簡易手順をもらいましたが、その中身を見る暇もなく、次から次へと説明があります。分電盤、インターホン、保安灯など。


これは電灯のボタンです。

と、ここまでは売主側の説明で、このあとから施工業者による施工状況の説明でした。

無償オプションで選んだ、色やキッチンの高さなど。

有償オプションは一部が完成していたので、それも確認させらもらいました。

ちなみに食器棚なのですが、しっかりしたつくりで選んでよかったです。

施工業者からの説明?(確認)が終わり、続いて内装などのチェックを開始です。

ここでも色々先走って確認し始めたのが良くなかった。完全に冷静さを失ってました。

長くなりそうなので、次回に続きます。


ブログランキング参加中です。クリックお願します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/156-ccad36a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。