冷しナス天うどん。この場合の修飾子は正しいか? - ハイイロ ノ マド

ハイイロ ノ マド ホーム » スポンサー広告 » 外食の記憶 » 冷しナス天うどん。この場合の修飾子は正しいか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷しナス天うどん。この場合の修飾子は正しいか?

暑い日は冷たいものを食べたくなるもの。

杵屋で、冷たいうどんを食べに行きました。


冷しなす天うどん。

このうどんのウリなのに、なすが意外に小さいのは残念。

このところの猛暑で野菜の価格が上がっているとの噂も聞くのでやむを得ないのかもしれませんが、残念でした。


ただ、揚げたてでさっくりと頂けたのは嬉しいところ。
やっぱり天ぷらは揚げたてが一番です。

うどんは杵屋のコシの強いうどんで、好きです。食べ応え十分です。

で、このうどん。普通の修飾子だと、冷しはナスにかかってますよね。
もしくは、なす、うどんの両方。

実際のものとしては、ナス天はアツアツだったので、冷しはうどんだけにかかっているわけなのですが。
冷しを強調したい意図はよく伝わると思いますが、難しいですね。
日本語として、正しい形はどうなんだろうか。

ブログランキング参加中です。クリックお願します。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://haiirodanna.blog.fc2.com/tb.php/114-d096737b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。